甲信マツダ

甲信マツダ

ホーム > ニュース > お知らせ > 【初夢マツダ】次点:購入資金50万円 当選発表

ニュース

お知らせ

【初夢マツダ】次点:購入資金50万円 当選発表

2018/02/03

甲信M0100A4夢マツダ_長野++.jpg

この度は甲信マツダ、マツダオートザム合同企画【初夢マツダ】に多数のご応募をいただき、

誠にありがとうございます。

厳選な審査の結果、次点を決定させていただきました。




次点:(購入資金50万円プレゼント)

当選者:山梨県 諏訪様



仕事で運転中、何度となくラジオでこのキャンペーンのことを耳にしていました。

そのときは特に気にもせず、聞き流していました。

昨年6月父が亡くなりました。何度も入退院を繰り返していましたが、

そのたびドクターも驚く回復力で回復していたので、まさかこんなに早く別れがくるとは思っていませんでした。

一人娘として大事に育ててもらったにもかかわらず、何の親孝行もできないまま後悔ばかりが残り、

まさに心にぽっかり穴があいたという状況のまますごしていました。

先日実家に帰った時、母と仏壇まわりの片づけをしていると、何枚かの写真がでてきました。

私が生まれる前4歳で亡くなった兄がいたのですが、その兄と父が昔の車の中で笑顔で映っていました。

母が"そういえばこの頃車を買い替えたころで私は違う車がよかったんだけどお父さんがどうしてもマツダの車がいいっていってファミリア?!を買ったんだよ"などと話してくれました。

私がうまれてからも何年かその車に乗っていて、

はじめてのディズニーランドなどその車であちこち連れて行ってくれたそうです。

自宅に戻り、仕事中ラジオでまたこのキャンペーンのことを耳にしたとき、

このキャンペーンもマツダだったんだとちょっと運命を感じてしまいました。

父がこんなキャンペーンがあるよとおしえてくれたのではないかと・・・。

私の今乗っている車は就職のとき、父が買ってくれた車でもうすぐ13年目になります。

走行距離も12万キロ近くになりそろそろ買い替えなくてはという気持ちとせっかくの父からのプレゼントを今まだ1周忌も迎えないうちに手放すのも・・・というためらいの気持ちとの間で揺れ動いていました。

でも父が母の反対を押し切ってまでも乗りたかったマツダの車なら、

今最後のプレゼントの車を手放すことも許してくれるのではないかと思いました。

もし当選させていただいたなら、きっとこれは天国の父からの本当に最後のプレゼントだと思いますので、

目立って事故にあわないようにと選んでくれた今と同じ赤の車にして、

また前を向いて明るく生きていきたいと思います。

父が亡くなったとき次男は1歳半でしたので、"じいは?"と聞くと空を指します。

2歳を過ぎ、やっとおしゃべりもできるようになってきた次男がじいを忘れてしまわないように、

また、じいのことが大好きで今でも夢に出てきたことをうれしそうに話してくれる長男にも、

毎日乗る車でずっとじいのことを思い出してもらえたらと思います。

そして、半年たって少し気落ちしてきた一人で暮らす母を思い出のマツダ車でどこかに連れて行ってあげられたらなと思っています。



大賞の応募内容はこちらから

ページの先頭へ