甲信マツダ

甲信マツダ

ホーム > ニュース > お知らせ > 【夢マツダ】次点:購入資金50万円 当選発表

ニュース

お知らせ

【夢マツダ】次点:購入資金50万円 当選発表

2018/07/07

夢マツダ_最終.jpgこの度は甲信マツダ、マツダオートザム合同企画【夢マツダ】に多数のご応募をいただき、

誠にありがとうございます。

厳選な審査の結果、次点を決定させていただきました。


次点:(購入資金50万円プレゼント)

当選者:長野県 坂本様


小さな村にマツダが来たぞ!

これが今回の私の「夢マツダ」のテーマです。ラジオ放送を聞いた時の直感です。

こんにちは。私は人口756人の小さな村に住んでいます。

3年前に山梨からこの村に移住してきました。

自然豊かな村で村の90%以上が森林です。その森林の有効活用に取り組む仕事をしています。

この村で人生のパートナーにも出会いました。

昨年4月に結婚し、村の公民館で結婚パーティーをさせて頂きました。

村民の方から祝福して頂き、村民と村民の距離が近い、

顔の見える付き合いが出来る村だと感じました。

村での移動の基盤は自動車です。

熟練の村民なら遠くから走ってくる自動車を見ただけで村民の名前を言える強者もいます。

それだけ、村民と自動車は密接に関わる存在です。

そんな中、私がこの村に来てから、村の中でマツダ車に乗っている村民を見たことがありません。

なぜでしょう。わかりません。

だけど、これは私にとってはチャンスです。

なぜなら、

見たことのない車=注目される・話題になる=移住してきた私の自己紹介

になるからです。

村人A「最近、村で見かけない自動車が走ってるな。」

村人B「マツダっちゅうメーカーのCX-3ちゅう車らしいぞ。かっこいい形してるじゃんな。」

村人A「ありゃどこのもんが乗ってるだい?」

村人B「この前移住してきたもんが乗ってるぞ。」

これがいいのです。

マツダさん。

小さな村です。

大きな利益に繋がらないかもしれません。

それでも、その村で私たちは生活し、毎日自動車に乗っています。

村民にマツダの自動車のかっこよさを伝えさせて下さい。

この村のマツダ車の宣伝大使に任命して下さい。

よろしくお願いします。

ページの先頭へ